top of page
logo_1.png

GROUP EXHIBITION

FORM COMES TO MIND

Dela Anyah, Rebecca Ayansola
Joseph Awuah-Darko, Andres Ribon

February 10 - March 2, 2024

IG_page-0001.jpg

THE ANZAI GALLERYでは、ガーナ、ナイジェリア、コロンビアのアーティストによるグループ展「Form Comes To Mind」を開催いたします。ガーナのデラ・アナヤ、作家であり本展のキュレーターでもあるジョセフ・アワ・ダーコ、コロンビアの彫刻家アンドレス・リボン、ナイジェリアのレベッカ・アヤンソラ、あわせて4人のエマージングアーティストによる作品を発表いたします。本展では、絵画、彫刻、タペストリーを網羅し、グローバル・サウスでの生活体験に内在する様々な視点と多様性を称えています。

また、その多様な媒体による作品集は、形態や構造に対する検証を重ねたようなアプローチが一体となり、ギャラリーの展示空間という文脈の中に、解放感とリズムのほとばしるような雰囲気を同時に生み出しています。本展のために厳選された作品は、それぞれの作家が、彼らのルーツや文化を反映し、伝統に深く根ざした多様な創作の意味を汲み取りながら、ガーナ、コロンビア、ナイジェリアの現代アートの可能性を多面的に探求し、外の世界へ語りかけています。例えば、アンドレス・リボンの「Restauration」[2023] は、鋼鉄で作られた彫刻ですが、「Homo sum: humani nil a me alienum puto」(私は人間である:私にとって人間的なものは何一つ異質なものではない。)という意味合いをもち、まるで観るものにエンパシー(共感)を招いているようです。

伝統というキャンバスを通して、私たちのつくる芸術は歴史の中での静かな対話となり、決して話されてこなかった先祖の物語を呼び起こし、時を超えた視覚的遺産を形成しています。例えば、ジョセフ・アワ・ダーコのアフロフューチャリスティックなケンテ・タペストリーを見ると、200年の歴史を持つ、織りの技法に現代的なアイデアが応用され、形と人間のあり方に語りかけているのが分かります。「Jata Frankaa」 [2023]という作品では、動植物のモチーフの中に歩哨や馬を描くことで、意思決定のメタファーを表現しています。

本展に参加している多くのアーティストにとって、東京で作品を発表するのは今回が初めてです。母国の複雑な社会的・政治的背景の中でアートを制作する彼らの献身的な姿勢を東京で見せることになります。「Form Comes To Mind」は、世界的なアートの中心地として知られる東京で、グローバル・サウスのエマージングアーティストの認知度を高める強力なプラットフォームとなることでしょう。東京の多様な文化的景観と戦略的に関わり、地理的な境界を超え、東京の活気ある芸術的エネルギーと共鳴する万有なテーマを取り上げています。

アヤンソラの作品では、彼女の肖像画のエネルギーが、見る者の中に柔らかさと共感を呼び込むことで、この世界の密接な発展の感覚を伝えています。例えば、 「Sunflower II」[2023] では、希望に満ち溢れた若い少女がひまわりの花束を手に、こちらを見つめています。アナヤのバイオモルフィック・タペストリーは生命感を感じさせるフォルムをとっていますが、環境破壊というディストピア的な現実の中で発見された、破棄された車のタイヤから作られているため、人間のつくりだす世界の現状を詩的に語っています。また、 「Ekplorm」 [2023]は、腐敗の中の美しさというユニバーサルな現実を語り、過剰な消費主義の中で生きる私たち人間について物語っています。人間対自然というトピックは、本展を通して表現されている一つの大きなテーマです。

本展は、絶え間ないアート制作という観点を通して、グローバル・サウスのエマージングアーティストが直面する機会と課題を掘り下げ、社会政治的なインフラストラクチャーやその欠如の中での彼らの苦闘に光を当てています。本展の開催により、東京が、グローバル・サウスのエッセンスを伝える重要な役割を果たし、既存の障壁を打ち破り、相互のつながりをより深く理解するきっかけとなることを願っています。鑑賞者は「Form Comes To Mind」に浸りながら、人間の経験をあたかも超越するような旅に出て、コミュニティ、遺産、人間性の重要さを大切にする4人のアーティストのそれぞれの物語とつながります。多様なアーティストの視点の融合を、ぜひ東京で体験していただければ幸いです。

In the heart of Tokyo, Anzai Gallery presents a group exhibition exhibition "Form Comes To Mind"  unveils a remarkable confluence of artists from Ghana, Nigeria, and Colombia. This intrepid  anthropological group show, featuring emerging artists—Dela Anyah and curator Joseph Awuah Darko from Ghana, Andres Ribon from Colombia, and Rebecca Ayansola from Nigeria encompasses  painting, sculpture, and tapestry, celebrating the myriad perspectives and diversity inherent in their  lived experiences within the global south. 

Moreover, the multiple of artistic mediums yields and investigative approach to form and structure  come together to create an effervescent atmosphere of liberation and rhythm within the context of the  space. Reflecting the cultural tapestry of their respective regions, the artists in Form Comes To Mind offer a multifaceted exploration of contemporary art in Ghana, Nigeria, and Colombia. The  exhibition's carefully curated selection showcases diverse artistic practices deeply rooted in tradition,  creating a harmonious blend of styles and themes that resonate universally. The works like  “Restauration” [2023] by Andres Ribon speak to the human experience echoing the sentiments of the  African Roman Playwright Publius Terentius Afer [ 195 BCE ] who famously stated “Homo sum:  humani nil a me alienum puto” meaning “I am human: Nothing human can be alien to me”. Like the  other exhibited practitioners, his work invites empathy through steel form. 

Through the canvas of tradition, our art becomes a silent dialogue within history, summoning the  unspoken narratives of our ancestors and shaping a visual legacy that transcends time. When you look  at the Afrofuturistic kente tapestry of Joseph Awuah-Darko, we see the application of contemporary  ideas to a 200-year old weaving technique that speaks to form and the human condition. In the work  “Jata Frankaa” [2023] the artist envisions his sentinels and horses amongst flora and forna through  these pictographic forms created on levels as a metaphor for decision making.  

For many of the emerging artists exhibiting this will the first time they present their work in Tokyo,  showcasing their dedication to artistic practice within the complex socio-political landscapes of their  home countries. Form Comes To Mind serves as a powerful platform, amplifying the visibility of  emerging artists from the global south in Tokyo—a city renowned as a global art hub. The exhibition  strategically engages with Tokyo's diverse cultural landscape, addressing universal themes that  transcend geographical boundaries and resonate with the city's vibrant artistic energy. 

In Anasola’s  work the energy of her portraiture convey this sense of intimate world making as she seeks to invite  softness and empathy within the viewer. In her piece, “Sunflower II” [2023], a young girl stairs  hopefully into the distance with an optimistic bunch of sunflowers in hand. Within Dela Anyah’s  biomorphic tapestries take organic forms, but they speak poetically to the human condition as they are  made from abandoned upcycled car tyres – found within the dystopian reality of environmental  degradation. His piece “Ekplorm” [2023] speak to this universal reality of beauty within decay speaks  to living within the excess of consumerism. The poetry of man vs nature presents itself throughout the  show in small and large moments. 

The exhibition delves into the opportunities and challenges faced by emerging artists from the global  south through the lens of relentless art making and shedding light on their struggles within the socio political infrastructure or lack thereof. Tokyo becomes a witness to the emergence of voices that carry  the essence of regions, breaking barriers and fostering a deeper understanding of interconnectedness. As viewers immerse themselves in "Form Comes To Mind," they embark on a journey transcending  the human experience, connecting with the artists' narratives that underscore the importance of community, heritage, and shared humanity. The exhibition invites Tokyo to witness the convergence of diverse artistic voices, where form seamlessly intertwines with profound narratives, leaving an  indelible mark on the city's vibrant art scene.

GROUP EXHINITION

FORM COMES TO MIND

Dela Anyah, Rebecca AyansolaJoseph,

Awuah-Darko, Andres Ribon

会        期 :  2024年2月10日~3月2日

会        場 :  THE ANZAI GALLERY

住        所 :  東京都品川区東品川1-32-8 TERRADA ART COMPLEX II 3F

開 廊 時間 :  12:30~18:00

休   廊  日 :  日・月・祝

bottom of page