Teiji Hayama

INFLUENCERS

May 12 - June 4, 2021

CLA_4406_1.jpg

THE ANZAI GALLERYは、4月27日(火)〜5月28日(金)まで、オイルペインターTeiji Hayamaの日本初の個展「INFLUENCERS」を開催する。

熊本で生まれ育ったHayama氏は、18歳でアートを追求しに渡英を決意。名門セントラル・セント・マーチンズでアートとデザインを学び、オイルペイントの道へと進む。これまでの主な個展に「Under Pressure」(Arsham/Fieg Gallery、ニューヨーク、2019) 、「Fame」(Unit Lomdon,ロンドン、2020) 、「Ethereal Icons」(GR gallery、ニューヨーク、2021)。

 

各年代のアイコンを再構築し、デジタル時代を表現した今回の個展「INFLUENCERS」は、現代社会への問いかけになっている。

彼はこう語る。「古代エジプトのクレオパトラ、50年代はマリリン・モンロー、エリザベス・テイラー。いつの時代にも、影響を与えるアイコン的人物が存在し、現代ではSNSの誕生で誰もがインフルエンサーになれる時代になりました。

生前アンディ・ウォーホルは「誰もが15分間なら有名になれる。いずれそんな時代が来るだろう」と今を生きる僕たちにメッセージを残しています。

SNSを使って影響、競争し合い、また様々な画像や映像が溢れる。多く情報が発信されているこの世界は、今後どうなっていくのでしょうか?

展示をするマリリン・モンローの作品は、多くの情報量などを彼女の誇張した体で

表現しています。困った様な表情や、ブルーやグリーンの配色、また重なりあう色の組み合わせで表現したブレなどで、ネットワークや現代社会での人々の変化を表現しています。」

目、耳から自然に入ってくる情報。あなたは、その量の多さをどのように感じているだろうか。考える時間さえも与えてくれない情報量に圧倒されているのか、いや頭の中の整理整頓は出来ていると言い切れるのか。

本個展が、現代社会(ネットワーク)内で生きることに対して今一度考える機会となるだろう。

Teiji Hayama

INFLUENCERS

会        期 :  2021年5月12日~6月4日

会        場 :  THE ANZAI GALLERY

住        所 :  東京都品川区東品川1-32-8テラダアートコンプレックスⅡ3F

開廊時間 :   12:30~18:00

休  廊  日 :   日・月・祝